学生ローンの悪い使い方

学生ローンや消費者金融では常につきまとう話として、儲け話(マルチ商法など)に騙されてしまうというケースがよくある。これらのような話は、「儲かる話」にばかり気を取られ、いくらまわりから注意されても耳に入ってこない、あるいは冷静な判断ができなくなってしまい、つい相手の口車にのせられ、被害にあってしまうといったケースが後を絶たないのだ。
これらを冷静に判断するには、やはり実際の被害者の話を聞くのが一番である。しかし、そうは言っても自分のまわりにそうそうそのような経験を持った人間がいるとは限らない。もしいれば、既にその人からいろいろな話を聞き、情報として入っているだろう。そういう人はこの手の話には引っかからないものだ。
しかし、自分の周りにそのような経験を持つ人間がいない場合、やはりインターネットを利用するのが一番だ。学生ローン被害者友の会は、実際に詐欺被害にあった経験者が、その資金を学生ローンで都合つけたという話が載っている。また、このような被害は何も詐欺的案件だけではない。ギャンブルやいかがわしい店等のいわゆる「浪費」にも度々使われることがある。学生ローンとホストクラブでは、正にホストクラブで浪費してしまった売掛金を、学生ローンで借りて支払いを済ませたという経験談を告白している。

上で紹介するような事例はほんの一例である。
こうした例が表面化することは氷山の一角にしか過ぎず、実際には泣き寝入りしてしまうケースがほとんどだ。警察に相談してもほとんど相手にされず、事件として受理されたところでろくに捜査もされないのが実情なのだ。
ホストクラブで散々遊んだ金を学生ローンで用立てるという話は、単なる浪費癖であり、こうした債務者は保護する必要はないと思う。事実、「破産」はギャンブルなどの浪費に使ったものは免責されないというルールがあるので、法律でもこうした浪費による借金は保護しないというのが通説なのだ。
一方、学生ローン被害者友の会に出てくるような案件はいかがだろうか?
これは債務者が被害者である。被害者である以上、保護されるに値するのだろうか?
「保護する」ということは、「借金を免責する、つまり返さなくて良い」ということになるが、そうなると最終的な被害者は貸金業者ということになる。
学生ローンが最初の融資段階で、これらのことを承知の上で融資をしたのであれば、「共謀」ということになるので最終的な責任を負う義務もあるであろう。
しかし、学生ローン側は最初の時点では貸し付けたお金が、実際に何に使われるのかは知らないのである。したがって、この場合は気の毒だが債務者が責任を持って支払いをしなくてはならない。そうでなければ、債務者は全て「設け話に使ってしまった」と言うだけで、借金がチャラになってしまう。そんなバカな話はない。借りる側も借りる相手と騙された相手を区分して考える必要があり、最終的には自己責任であることを認識しなければならないのである。
要は、借りる前にしっかりと確認をすることが重要であり、詐欺師に騙されることのないように、日頃から教養を身につける努力も必要と考える次第である。

サイト内関連記事

学生ローンの全てを知る!
学生ローンに関する情報というものは、優劣交えて幾多にも及ぶものがある。学生ローン......
キャッシングと多重債務者問題を統計情報から一刀両断!
ここ最近の金融新聞等を見ていると、「多重債務者が減少した」という記事を見かけるこ......
学生ローンとキャッシングを極める!
学生ローンは学生専門の消費者金融であり、社会人は一般の消費者金融でキャッシングす......
学生ローンやキャッシングを効率よく探す!
学生ローンやキャッシング関連サイトを効率よく探す方法を紹介したいと思う。 検索サ......

▲このページのトップへ